« 30歳になってはまった一人旅 | トップページ | 親に勧められて婚活パーティーに参加してみました »

2018年12月 3日 (月)

30代ですが、若輩者を名乗りますよ!?

どうもモヤモヤして、解決できないことがあります。
それは、上司との雑談で「若輩者ではありますが・・・」という言葉を使ったときのことです。
相向かいに座っていた後輩事務員が「プッ!」と噴出したのです。
そのときは上司との会話が継続していたので、スルーしました。
でも、いま考えると「明らかに私を笑ったよね?」「若輩者っていうキーワードに対してだよね?」と気になります。
そもそも若輩者っていう言葉は、正真正銘の若者のためにある言葉ではないつもりで使い続けてきました。
私のようにそこそこ経験を積み、そこそこに歳を重ねた者こそが使う言葉であるという認識です。
意味あって使ったのに、笑われるなんて。
その子の内心は、「おいおい、30代で若輩者って図々しいにもほどがあるでしょう。若くもないくせに」って感じでしょうか。
いまさらそこを突くのは大人気ないし、そのつもりはありません。
ただ、これからは「若」という意味合いの言葉を使うときには気を付けないといけないんだなあと思いました。
この歳で年下から笑われるって、ちょっと厳しいです。
これからはこうやってもっともっと若者に気を使いつつ会社に行かなきゃいけないんだろうなあ。
そんなふうに思うと更に凹みます。

« 30歳になってはまった一人旅 | トップページ | 親に勧められて婚活パーティーに参加してみました »